あめ

さらさらと
空気の中を滑り落ちてくるような雨
部屋の中で
窓をつたうのを眺めていると
くっついたりはなれたり
そのまま流れ落ちていったり
まるで
恋人達みたい



またひとつ

仲良しができた
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-19 14:49 | 何気ない日常の中で・・・

好き

どうしたって
あなたの笑顔は私よりも
あの子の前の方が素敵なの
そんなことは
見ていればわかること
私に遠慮して
二人とも
素直になれないまま過ごしてるのね
でも
私だってあなたが好きなの
あの子に負けないくらい
あなたが好きなの
別れるなんて出来ない
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-16 10:15 | あなたへ

告白

好きよ
大好き
あなたが、一番、大事。
あなたが、一番大事にしてくれる女の子であるために、
頑張るの。
好きよ。
ほんとに、大好き。
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-05 15:23 | あなたへ

カテゴリ追加

カテゴリ追加しました。
最近綴っていた読み物を、『手紙』というタイトルで纏めてみました。
これからもこのような形で、関連性をつけた話を作っていく事もあると思います。
皆様のお好みに合いましたら、幸いです。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-03 23:23 | 時々にっき

大切なあなたへ

旅に出るには良いお天気とはいえないけれど
それでもいいの
私は、結局あの人と別れることを選び
両親の反対も押し切って出てきてしまったのだから

あの手紙
本当は破って捨ててしまおうかとも思った
でも
半分、ちぎったところで
あなたの声が聞こえた気がして
やめたの

あなたの
寂しいんだ
という声が、まるで傍で囁かれているように
耳に届いた気がしたのよ

気のせいかもしれないけれど
あなたはいつも遠くを見て
寂しそうに、
苦しそうにしてた。
私では、あなたの心を安らげる事はできないのかと
いつも泣いていたわ。

そう、泣いてばかりいて、
笑顔を忘れてしまっていたわ。
私も
あなたも
素直ではなかったから、
お互いに、
簡単な言葉をいう事ができなくて
離れてしまったけれど、
今なら、言える気がするの。

大切なあなたへ
今から会いにいきます。
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-03 23:16 | 手紙

手紙は君へ届いただろうか。
届いた手紙をどう思うだろう。
僕を、未練がましい男だと思うか、
それとも、
ただ困って微笑しているだろうか。
思えば僕は君を困らせてばかりいた。
寂しい思いをさせてばかりで、
何度か、
君の友達に怒られたこともある。

あの頃の僕は、
何かに焦り、
急ぎ、
空回りしてばかりだった。

そして君はいつも、
僕の心を埋めることはできないか、と泣いて・・・。

僕には君の言うその言葉の意味すら分からなかった。

今、僕はこの地に来て、
やっとその理由が分かった。
君の、言った言葉の意味が・・・。

僕はいつも遠くにいた。
心だけが何かを求め、追い、探していた。
何を探しているのか、自分でも分かっていなかったけれど。
ただ、何かが足りなくて、どうしても足りなくて、渇望していた。

今なら、わかるよ。
僕は、いつも、
帰る場所を探していたんだ。

自分が安らげる場所を、
そう、僕にとっての、家を探していたんだ。
それが分かった時、
君の顔が浮かんできたよ。

僕にとっての、家、は君だったんだ。
他の誰だって、何だって、家、にはならないんだ。
たとえ僕の元へ来なくても、
僕にとっての家は君だけなんだ。

愛しきみへ
僕はきみを、ずっと想うよ。
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-01 14:21 | 手紙

迷い

私には、もう、
結婚を前提にお付き合いをしている人がいるのに。
あなたはいつも、私を動揺させてばかり。
あの時だって、
あなたは一人で旅に出る事を決めて、
私には何も言ってはくれなかった。
それが、
ほんんとうに突然、
こんな手紙を送るだなんてずるいわ。
勝手なひと。
忘れられないひと。
今でも好きでたまらないひと。
・・・・・・・。
ずるいわ。
こんな手紙。
涙でにじんでしまうじゃない。
ひどいひと。
こんな手紙ひとつで、私の心を鷲づかみして。
私には、もう、お付き合いしているひとがいるのに。
どうしてこんな、手紙を送るの。
[PR]
# by 3_twink | 2004-11-01 13:33 | 手紙

愛しきみへ

きみへ手紙を書こうと思ったのは、
ほんのちょっとした思い付きと、
とても言い表せない想いからだ。
この日本から遠く離れた南の国で
僕は毎日、きみを想う。
この国に来る前に、気持ちを少しでも伝えることができたなら、
ぼく達の関係は変わっていただろうか。
もし、どちらかが少しでも素直になることができたなら、
きみは今、ぼくの隣にいてくれただろうか。
・・・・・・。
後悔はしたくない。
全てを捨てて、ぼくの元へ来ないか。
愛しさが募って、君の夢ばかり見る。
ぼくの傍らにいてほしいんだ。
NOなら、返事はいらない。
OKなら、ぼくの住むこの国に、訪れてほしい。
待っているから。
[PR]
# by 3_twink | 2004-10-28 16:20 | 手紙

地震

連日のニュースで、新潟の地震の被害状況を見るたびに、胸が痛くなります。
いまだ、安心できない状況の中、雨天・・・。
どんなにか、どんなにか心細いことかと思います。
せめて夏であったなら、もう少し暖かい季節であったなら、と思わずにはいられません。
願わくば、少しでも多くの方が助かりますように、ご無事を祈っています。
そして、少しでも早く救済の手が差し伸べられることを、
少しでもお心の休まる夜が訪れることを、願って・・・。
[PR]
# by 3_twink | 2004-10-26 16:34 | 時々にっき

泣かないで

笑っていてほしい
いつでも
優しい顔で、笑ってほしい
泣かせたくないのに
僕は君を泣かせてばかりいる
泣かせるつもりなんかないのに
どうして
君が泣いてしまうのか
僕にはわからない
そうしてまた君は
冷たいのね
って言って涙をこぼす
けれど本当に僕にはわからないから
せめて涙を拭わせてよ
[PR]
# by 3_twink | 2004-10-25 21:14 | きみへ